トップへ » 矯正だけで治療する場合と手術もする場合の違いは何ですか?

矯正だけで治療する場合と手術もする場合の違いは何ですか?

まずはどこが気になって、どのように治したいかを考えてみてください。

外科矯正では手術であごの形から変えていきますので、受け口の方の場合、歯ならびや咬み合わせだけではなくあごが出た感じが改善されます。
手術を行わない矯正治療だけでは受け口は治せますが、あごの出た感じは変わりません。

もしも、あごが出ていることが最も気になっていることで、それを治したいというのであれば手術をすべきということになります。
受け口でよく食べ物が噛めないということであれば矯正だけでもよいかもしれません。

費用については矯正治療だけで治す場合はまったく保険がききませんので当院では約65万円くらいになるかと思います。

外科矯正の場合は当院のように顎口腔機能診断施設の指定を受けているところで矯正治療を行い、さらに大学病院で手術をする場合にはすべてが保険適応になります。

その場合は矯正部分が25万円くらい、手術がやはり25万円くらいになるかと思われます。

さらに手術には高額医療費控除も適応されますので、実際の支払は10万円くらいでしょう。

また、矯正治療だけの場合も外科矯正の場合も医療費控除は申請することができます。
その場合には、所得に応じて10%から50%くらい税金が戻ってきます。


トップへ » 矯正だけで治療する場合と手術もする場合の違いは何ですか?


コールバック予約