2009年4月16日 « トップへ » 2013年9月 6日

2009年4月17日

治療方法は患者さまによって異なります

治療方法は患者さまによって異なります患者さまから「どうしても歯を抜かなければいけませんか?」と質問されることがあります。

ご心配される気持ちは痛いほどわかります。
当院でも"できるだけ歯を抜かない治療"を考えていますが、すべてに当てはまるわけではないんですね。

患者さまによっては、よりよい結果を得るために歯を抜くこともあります。
つまりおひとり、おひとり、治療方法が異なる、ということです。

石塚矯正歯科クリニックでは、それぞれの患者さまに適した「オーダーメイド治療」を心がけています。

治療する歯は永久歯なのか乳歯なのか? 歯や顎の状態は? 歯や顎や舌の状態は?

などなど。
さまざまなことを検討しながら、治療計画を立てます。

決して医師の考えを一方的に押しつけるものではありません。
患者さまの意見を尊重し、最終的にはご自身の希望で決定していただくのです。

それにはカウンセリングや相談の時間を十分に取り、患者さまのご希望を考慮しながら治療方針を立てる必要があります。
そのためどうしても診察できる患者さまの数が限られてきます。
細部にこだわった治療と十分な説明を行うために、今後もこの方針を貫こうと考えています。

矯正の目的は、見た目をキレイにするだけではありません。
ずれを整え、カラダのバランスを正常な状態に戻すといった役割もあるのです。
だからこそ、一人ひとりに合った治療が重要になるのです。

矯正は「治療が終わったあと」が肝心です

矯正は「治療が終わったあと」が肝心ですところで、せっかく時間とお金を費やしキレイな歯並びにしても、5年後、10年後に、以前の凸凹の歯に戻ってしまっては、今までの努力が水の泡ですよね。

当院で治療した患者さまには、いつまでもキレイな歯でいて欲しいと願っています。
ですから、矯正治療終了後も責任を持って長期間のメンテナンスを行っています。

石塚矯正歯科クリニックは、「患者さま満足度100%」のゴールを目指し、一層治療に専念していきたいと考えます。

患者さま別の治療方法

乳歯列期から混合歯科列期の治療●乳歯列期から混合歯科列期の治療
・特に抜歯に関して
乳歯のお子さんの矯正をするときは、永久歯になったときに歯を抜かずに済むような治療をします。

上下の顎の骨にずれがある場合には、顎の成長を利用して治していきます。
また顎の骨が狭く歯が生えてくる場所がない場合は、歯と顎のバランスをとるために顎の幅を広げます。

ただし治療期間が1年~2年かかるため、永久歯に生え換わってから抜歯をして治療することも可能です。

・良くある質問
Q. 今すぐ治療しなければいけませんか。
A. 不正咬合(歯の咬み合わせの悪さ)の種類によっては治療に適した時期があるため、治療開始が遅れても手遅れではありません。
ただし永久歯になると顎のずれが残ったままになり、抜歯が必要となる可能性も高くなります。

Q. 顎を広げると顔が大きくなりませんか。
A. 広げる幅は10mm程度です。
骨の上には頬の肉(軟組織)があるので、外から見てもほとんど変化はありません。

永久歯列期、大人の治療 ●永久歯列期、大人の治療
・特に抜歯に関して
歯を抜かずに済むのが望ましいのですが、すべてがあてはまるとは考えていません。

歯を抜かずに咬み合わせを治すには、臼歯(奥歯)や前歯を移動させます。
また親知らずを抜くとスペースが広がるため、臼歯を後方に移動させやすくなります。

上下臼歯の位置を改善すれば、親知らず以外は抜かずに治療することが可能です。
しかし見た目を綺麗にすることも重要ですので、小臼歯を抜歯した方がベストな場合も多くあります。

歯を抜くかどうかは顎の形や舌の大きさ、口唇や頬の緊張などを考慮した上で決めます。
最も大切なことは患者さま自身の希望です。
こちらの考えを一方的に押し付けるものではなく、治療方法と予測される結果を説明し、患者さまと相談して決めることになります。

"後戻り"を防ぐために

後戻りを防ぐためにどんなに時間をかけて矯正治療をし、キレイな歯並びと正しい咬み合わせにしたとしても、歯を動かすための装置(矯正器具)を外した後、何もしなければ、歯は元の位置に戻ってしまいます。
これを後戻りといい、矯正治療では必ず生じる問題です。

そこで矯正治療が終わり、器具を外した後は、保定装置(リテーナ)という装置を使い、キレイに並んだ歯を固定させます。

保定装置には次の2タイプがあります。
・固定式:  歯の裏側から貼り付ける取り外しのできないタイプ
・可撤式:  取り外しができて患者さまが自分で毎日着けはずしをするタイプ

可撤式の場合、きちんと使用していれば歯並びの維持に問題は生じません。
しかし着け忘れる方が多いため、当院では基本的に固定式の保定装置を使用しています。

保定期間は最低でも歯の移動を行った期間と同じ(2年)以上が必要です。

次のような場合、通常より長めにリテーナを使用します。
・まだ親知らずが生えずに残っている、顎の成長途中のような場合
・口で息をしている、舌が大きいなど、歯並びの安定に悪影響を与えるクセがある場合

後戻りと治療後の変化は似ているようでいて、異なります。治療後、短期間での変化は後戻りといえますが、長期間経過後の変化は新たな不正の発生と考えたほうがよいと思います。
そのいずれの予防にも保定は関わってきます。


2009年4月16日 « トップへ » 2013年9月 6日


コールバック予約