2009年3月29日 - 2009年4月 4日 « トップへ » 2009年4月12日 - 2009年4月18日

2009年4月11日

矯正治療の費用

矯正治療の費用
内容 タイプ イメージ 装置 価格(税抜き) 説明
相談料
無料
検査・診断料 検査・診断料 50,000円
矯正装置料 I
乳歯・混合歯列期の
矯正の場合
乳歯・混合歯列期の矯正の場合 200,000円 装置が複数必要になった場合も追加の費用は必要ありません。
一期治療の後、永久歯列の矯正が必要になる場合は、下記の料金から100,000円を減額します。
II
永久歯列の
矯正の場合
金属製のブラケット 金属製のブラケット 420,000円 *インプラントが必要なときは50,000円追加になります。
*通常のワイヤーは銀色ですが、目立たないように歯と同じ色のものを希望される場合は、30,000円(片顎の場合は15,000円)追加で可能です。
クリアタイプのブラケット クリアタイプのブラケット 450,000円
上下顎とも舌側矯正 上下顎とも舌側矯正 950,000円
片顎のみ 片顎のみ(上だけ、または下だけ)舌側矯正にして、残りはクリアタイプのブラケットにする場合 730,000円
調節料 調節料 5,000円
または観察料 観察料 3,000円

★たとえば、大人が目立たない装置を用いて矯正を行った場合、1年半から2年の治療期間では、およそ65万円の費用で済みます。
もちろん、装置が破損した場合の修理は無料です。
★分割払いも可能です。(金利・手数料は無料)
治療が終わるまでにおおよその支払が済むように、計画をお立てください。

※申し訳ありませんが技工料金値上がりのため、舌側矯正の価格を改定させていただきました。

当院の費用に関する考え方

当院の費用に関する考え方

当院では矯正治療費について、検査・装置料と処置料を含めた総額制を採用していません。
通常、総額制をとる医院では最初の段階で治療の難易度に応じた金額の提示がされるようですが、この判断が難しいのです。

治療前には難易度が高く、治療の期間が長くかかるだろうと予想していたものが、患者さまの矯正治療に対する協力が非常によく、見込みよりもずっと早く終わってしまうこともあります。
そんな場合は、やはり治療費が安くなって然るべきではないかと思います。

また、治療内容によっては調節の間隔が1か月に1回ではなく、1か月半や2か月に1回になったりします。
同じ期間で治療が終われば、やはり治療費は安くなります。

一定の判断基準を用いるとしても簡単とか困難とか治療前に決めてしまうよりも、実際の調節回数で難易度を判断したほうが公平だと考えますがいかがでしょうか。

それでも調節回数が増え、治療費総額がいくらになるかわからず不安だと考える方のために、調節料の上限を36回といたしました。
ただし、これまで36回も調節料をお支払いいただいた方はおりませんので、実際には何の意味もない回数ですが、心配性なあなたのために目安として設定させていただきます。

(例:クリアタイプのブラケットで上限の36回分調節料をお支払いいただいた場合、検査・装置料と処置料を含めた総額は714,000円になります。)

また、一括払いをご希望される方には調節料を24回分として、お支払いいただくことも可能です。
(例:クリアタイプのブラケットで24回分の調節料をお支払いいただいた場合、検査・装置料と処置料を含めた総額は651,000円になります。)

>> 医療控除について

お支払方法

現金・分割払い(金利・手数料は無料)がご利用できます。

分割払いの際には窓口での現金払い、または銀行振り込みでお願いしております。
おおよそ2年で治療が終了するという想定で、それまでに支払が終わるように分割の計画をご相談しています。

お気軽に、ご相談ください。

2009年4月10日

「矯正治療」試してみませんか?

「矯正治療」試してみませんか?「歯に矯正用のワイヤーが見えると、周りの人に変に思わそう。それに、痛みもあるって聞いているし......大丈夫かしら?」

矯正治療を始める前に、こんな不安を感じる方も多いことでしょう。

石塚矯正歯科クリニックでは、そんなあなたのために、「1か月無料お試しキャンペーン」を企画いたしました。

矯正装置の費用は無料。
患者さまに負担していただくのは調節料5,250円だけです。
実際の治療で使用する装置を使用しますので、見た目や痛みの度合いなどが体験できます。

1か月間体験していただき、納得できれば本格的な治療のスタートです。
その際、初めにお支払いただいた調節料は初回処置料に充当しますので、実質無料。

一方、本格的な治療を希望しない場合は、すぐにブラケットを取り外します。
費用も初めにお支払いいただいた処置料以外、一切かかりません。

すべての方に矯正治療を勧めているわけではありません。
歯並びを改善する治療方法は矯正のほかにもありますので、その方にとって最も適している治療方法を説明します。

当院では患者さまにとってメリットのある治療を提案するために、このキャンペーンを企画しました。

相談料は無料です。
後で後悔しないためにも、ぜひ一度、ご相談ください。
ご希望の方は予約時に「無料お試しについて話が聞きたい」とお伝えください。

2009年4月 9日

歯科の医療費控除とは?

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

矯正治療にかかった費用は医療費控除の対象になります。医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、一年間に10万円以上の医療費が必要になった場合に所得税の一部が戻ってきます。

本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され税金が還付または軽減されます。

ただし、年間お支払いになった医療費が10万円以上でなければ対象となりません。(申告額は200万円が限度です)
所得金額合計が200万円までの方は所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

控除金額

控除される金額は下記の計算額になります。

控除金額

所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

>> 詳しくは国税庁のホームページへ

医療費控除の対象となる医療費

・医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
・治療の為の医薬品購入費
・通院、入院の為に通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
・治療の為に、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受けた際の施術費
・その他

還付を受ける為に必要なもの

・確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
・領収書(コピーは×)
・印鑑、銀行等の通帳

*確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
*申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。但しサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。

2009年4月 8日

矯正治療について

矯正治療は何歳くらいから始めるのが良いですか?
ブリッジや差し歯があります。矯正治療はできますか?
不正咬合の割合はどれくらいですか?

上の前歯の並びだけが気になるのですが、部分的な矯正はできませんか?
矯正だけで治療する場合と手術もする場合の違いは何ですか?
歯列矯正と審美歯科の違いは何ですか?
外科矯正と美容整形の違いは何ですか?

矯正治療は何歳くらいから始めるのが良いですか?

大人の矯正と子供の矯正では、治療を行う目的もできることも異なります。

大人は顎の成長が既に終ってしまっていますから、そのひとの持つ顎の骨の中で最も美しく、かつ安定するように歯を並べていくことが治療です。
つまり、顎が出ているとか引っ込んでいるとか、あるいは横に曲がっているとかいう状態があったとしても、それは変えられないということです。

もし骨組みから治して行かねばならないなら、外科矯正が必要になってきます。
また、歯が乱杭で収まりきれない場合には、歯を抜くことが必要になることも多くなります。

一方、子供では顎の成長を利用して、骨組みの不正を治療していくことが可能です。
そのほか歯と顎の大きさのバランスが合わず、ガタガタな歯並びの治療でも顎を広げることで、将来歯を抜かなくてもきれいに歯を並べることが可能になることもあります。

顎が横に曲がっているような場合にも、正しく咬み合うように治療していくことで、徐々にずれがなくなり対称な顔に近づていきます。

ここで注意しなければならないことは顎は場所によって成長する時期が異なるということです。

上顎はおおよそ10歳くらいには前方への成長が終ってしまいます。それに対して下顎は背の伸びと同じような成長パターンで、思春期の頃に最も大きな伸びを示します。個人差がありますが女の子では10〜12歳くらい、男の子では12〜15歳くらいの頃に背が伸びますし、下顎も前方へ大きくなります。

したがって、治療が必要な場所がどこであるかによって、治療に適した時期が違ってきます。

受け口で上顎が引っ込んでいる(劣成長)ような場合、5、6歳くらいの早い時期から治療を始めた方が効果が出ます。10歳近くになるとあまり効果がありません。

下顎が引っ込んでいる出っ歯の場合にはもう少し遅くても問題ありませんが、10歳近くになるとやはり効果が出にくくなるため、治療の期間も考慮して8、9歳頃には治療を始めた方が良いと思います。
(出っ歯の方は背の伸びと同じようには下顎が伸びません)

顎を広げる治療の場合にはやはり早い方が効果が出やすいのですが、永久歯の生えそろう12歳くらいまでは、まだ可能です。

状態によってはすぐに治療に取り掛からず、しばらく様子を見るだけでもいい場合もありますので、詳しくはご相談にお越しください。

子供の矯正治療の目的は骨組みの不正を改善することや正常に成長が進むように環境を整えることですから、全体的に歯を並べなければならないような場合は、永久歯の生えそろう12歳以降にブラケットを用いた全顎的な矯正治療が必要になります。

つまり二段階の治療です。骨格に問題がなく、前歯の少しのずれを治すだけで済んでしまうと考えられる場合以外は、乳歯が残っているうちにブラケットをつけて前歯を並べる治療は無意味だと思います。

ブリッジや差し歯があります。矯正治療はできますか?

ブリッジや差し歯についても通常問題なく矯正治療を行うことができます。

ただし、天然歯(治療をしていない歯)と比べて接着剤がつきにくいため、何度か治療途中で矯正装置がはずれてしまう可能性があります。
はずれたときには再度接着剤でつけ直す必要があります。

あまり頻繁にはずれると治療がその分遅れてしまいますが、やむを得ません。
差し歯でも接着剤が良くついて、まったくはずれないこともありますがやってみないとわかりません。
途中ではずれた場合には、無料で修理しています。

歯を抜かなくてはならない場合には、できるだけ治療をしていない歯を残すために神経をとってしまっている差し歯などを抜いたりします。

不正咬合の割合はどれくらいですか?

厚生省(現厚生労働省)の歯科疾患実態調査によると、上顎前突(じょうがくぜんとつ: 出っ歯)1.55%、下顎前突(かがくぜんとつ: 受け口)4.16%、開咬(かいこう: 前歯が咬み合わない)1.24%、叢生(そうせい: 乱杭歯)6.50%、その他の不正咬合(ふせいこうごう)3.22%となっています。
そして、調査対象の約18%は矯正治療が必要と判断されています。

また、矯正専門家の調査によると、学校児童、生徒について何らかの異常が認められるものは約50%とかなり高率になっています。

部分的な矯正はできますか?

矯正歯科治療では、上下のすべての歯に装置をつけなくても可能な場合もあります。
部分的な矯正をMTM(minor tooth movement)といいます。

しかし、それが可能かどうかは、部分的な矯正治療をした後で、咬み合わせが良くなるのか、さらにはその咬み合わせが維持し、安定するのかによると考えます。

上の歯だけをきれいに並べても、下の歯ががたがたで良く咬めない状態になってしまうのならば、やはり安定しないでしょう。
その場合には、強く接触するような歯を部分的に削るなどの処置が必要になるかもしれません。

部分的な矯正が可能であるかどうかは歯並びの状態を拝見させていただいた上で、お答えさせていただきます。

もしこのような治療がご希望のときも相談にお越しいただければ対応させていただきます。どうぞ安心してお越しください。

矯正だけで治療する場合と手術もする場合の違いは何ですか?

まずはどこが気になって、どのように治したいかを考えてみてください。

外科矯正では手術であごの形から変えていきますので、受け口の方の場合、歯ならびや咬み合わせだけではなくあごが出た感じが改善されます。
手術を行わない矯正治療だけでは受け口は治せますが、あごの出た感じは変わりません。

もしも、あごが出ていることが最も気になっていることで、それを治したいというのであれば手術をすべきということになります。
受け口でよく食べ物が噛めないということであれば矯正だけでもよいかもしれません。

費用については矯正治療だけで治す場合はまったく保険がききませんので当院では約65万円くらいになるかと思います。

外科矯正の場合は当院のように顎口腔機能診断施設の指定を受けているところで矯正治療を行い、さらに大学病院で手術をする場合にはすべてが保険適応になります。

その場合は矯正部分が25万円くらい、手術がやはり25万円くらいになるかと思われます。

さらに手術には高額医療費控除も適応されますので、実際の支払は10万円くらいでしょう。

また、矯正治療だけの場合も外科矯正の場合も医療費控除は申請することができます。
その場合には、所得に応じて10%から50%くらい税金が戻ってきます。

歯列矯正と審美歯科の違いは何ですか?

一番の目的として咬み合わせを良くするために、できるだけ自分の歯を生かし、それを動かして位置を整えるのが歯列矯正(矯正歯科)です。
顎が成長している子供の時期に行う矯正治療は顎の発育をコントロールすることができるため、骨格のバランスを整え、無理なくより良い咬み合わせにすることも可能です。

一方、見た目を綺麗にすることが主な目的で、歯の形や色を変えて整えるのが審美歯科です。基本的には咬み合わせの治療は行いません。

矯正歯科は、矯正装置を使って歯や顎を動かし、期間をかけて正しい咬み合わせ、歯並びへと導いていくものです。
治療中には長い期間がかかりますが、健康な歯を極力生かし、顎や歯ぐきのほか口元のバランスを整えるのが特徴です。

審美歯科では、短期間で見た目を改善することが目的なため、大きくずれた歯の治療では、たくさん歯を削ったり、神経を取ることや歯を抜くなどしてセラミック製のかぶせものをします。
歯はダメージを受けますから、歯の寿命は短くなるかもしれません。

矯正治療の場合にも個々の歯に問題がある場合には、歯並び・咬み合わせを整えた後、審美歯科的治療が必要になることもあります。
例えば、ひどい虫歯で歯質が崩壊している場合、色が変色していて漂白しても改善できない場合、銀歯を白くしたい場合などです。

歯列矯正と審美歯科には目的だけでなく、そのメリット・デメリットに違いがありますから、よく検討してください。

外科矯正と美容整形の違いは何ですか?

歯列矯正と審美歯科の違いに似ていますが、外科矯正の一番の目的は咬み合わせを良くするためです。

外科矯正は、咬み合わせの問題が歯だけではなく、顎の骨格的な不正にまで及んでおり、歯を動かすだけでは十分な機能の改善が望めない場合や歯や顎に無理な負担がかかってしまうと考えられる場合に行います。

顎が極端に大きい、小さい、非対称などのために出っ歯、受け口、顎の曲がり等があり、矯正治療だけでは治療が困難な場合には顎変形症という病名になり、保険での治療になります。
骨格の改善から行っていきますから、咬み合わせの改善に加えて見た目という美容的改善も得られます。

美容整形では主として見た目を短期間で改善することが目的で、それでうまく咬めなくなってしまったら、歯にかぶせ物をして取り繕うというのがやり方です。
美容が目的ですから保険は効きません。

外科矯正は矯正歯科の一分野であり、歯を動かし、できるだけ自分の歯を生かして咬み合わせを改善していきますから、期間がかかります。
手術・入院の期間も含めておおよそ2年間くらいかかります。
手術は大学病院の歯科口腔外科と連携して行います。1、2週間の入院が必要になります。

外科矯正と美容整形には目的だけでなく、そのメリット・デメリットに違いがありますから、よく検討してください。

もしも見た目が気になっていて、美容整形外科に行かなければ治療できないと思われていた方は、一度ご相談にお越しください。

逆に咬み合わせが気になるけれども、手術というと美容整形のようで抵抗があるとお考えの方へ。

外科矯正はあくまで医療です。見た目の改善は結果に過ぎません。

すべては自分の意識の問題です。
良く咬めるようになって健康的な生活を送ることができるなら、またずっと気にしていたことが解消され、自信を持って生きていけるなら外科矯正という方法も考えてみませんか。

治療中について

矯正治療中には痛みがあるのですか?
矯正治療の途中でしばらく通院できない期間があるかもしれません。大丈夫ですか?
治療の途中で転居のため通院が困難になった場合はどうしたらいいでしょうか?
矯正治療の途中で外国から帰国しました。続けて治療してもらえますか?

矯正治療中には痛みがあるのですか?

矯正治療の際の痛みとしては2つの異なるものがあります。

ひとつは装置自体によるもので、初めのうち唇・頬の内側や舌が装置に当たって傷ができることがあります。
この違和感や痛みは1週間ほど経つと自然に避け方を覚えてくるので、それほど気にならなくなります。

唇や頬の緊張が強く、どうしても装置に当たってしまいやすい方はワックスといってやわらかいロウソクを装置の上に貼り付けることによって、傷つくのを防ぐことができます。

もうひとつの痛みは歯が動き始めるときのものです。
装置を初めてつけたときや調節の後、3〜4時間経つと歯が痛くなってきます。
特に食事のときなど歯に力が加わったときに痛みを感じます。
通常は2・3日から1週間くらいで痛まなくなります。

治療を始めたばかりの頃が最も痛みが強く、治療が進むにつれてあまり痛みを感じなくなります。
その程度は個人差が大きく、お煎餅を食べてもまったく痛まない人からプリンを食べても痛いという人までいて、やってみないとどれくらいかはわかりません。

ただし、矯正治療を始めたばかりの頃だけは、多くの方が食事のときに軟らかいものを食べているようです。
もしも、痛みが強くて食事ができないということであれば、一般的な痛み止めの薬を飲んでいただければ効果があります。
3か月くらいも経てば、それほど問題はなくなってくると思います。

しばらく通院できなくても大丈夫ですか?

矯正治療は長期間かかりますから、その間に都合によりしばらく通院できなくなってしまうこともときにはあります。

たとえば出産やけがのための入院や、短期間の留学や受験で忙しいなどです。

そのような場合でも、矯正装置が壊れて痛いとかいうことが起こらない限りは特別問題はありません。
ただ単にその間、治療の進行が遅くなるだけのことです。

もしも矯正装置が壊れてしまったときには、何らかの応急処置が必要になるかもしれません。
その際にはご連絡ください。
方法をお伝えいたします。

転居のため通院が困難になった場合は?

転勤や結婚のため遠方へ転居することになった場合、継続して通院していただくことが困難になるかもしれません。

このような場合、継続治療の依頼書を作成し、転居先で引き続き矯正治療を受けていただけるよう手続きをとります。
初診時および必要なら治療途中の模型、レントゲンや写真とともに、治療経過の記録をお渡しし、継続治療をしてくれる医療機関をご紹介いたします。

なお、費用につきましては治療の進行程度に応じての精算を行わせていただきます。

治療途中で遠方への転居の可能性があるような方には、できるだけ転医しないで済むよう転居後の治療開始をお勧めしています。
それは最初から最後まで一人の矯正歯科医師が治療を担当する方が治療経過を十分に把握できますし、たとえ返金したとしても転医に伴い費用の重複が生じる可能性が高いからです。

治療途中で外国から帰国したら?

治療を継続することは可能です。
できれば、転居前に掛かっていた先生から歯型の模型やレントゲン等のほか治療内容が分かるような説明書をもらって来てください。
英語で書いていただければ問題ありません。

矯正装置はほぼ世界標準ですから、治療を行う上での問題はありません。
ただし、技術に関しては同じとは言えませんので、帰国前に説明されていたこととは異なってくるかもしれません。

例えば、前の先生からはあと少しで終わりますと説明されていても、日本の矯正専門医の立場から見てとても無理(やるべきことがやっていないなど)ということはあるかもしれません。

治療費はいくらにするべきか一概には言えませんが、追加で必要な処置や治療期間を考慮して、患者さまのご負担ができるだけ軽くなるようにご相談させていただきます。

料金について

なぜ矯正歯科治療の費用は高額なのですか?
保険でできる矯正治療にはどんなものがありますか?
石塚矯正歯科クリニックでは、どうしてこんなに安いんですか?
矯正治療でも医療費控除は申請できますか?

なぜ矯正歯科治療の費用は高額なのですか?

特定の先天異常や外科矯正などの特殊な場合を除いて、一般的な矯正歯科治療では健康保険は適用されず、原則患者さまの全額自己負担となります。
また、長期間の治療が必要になるため、全体の費用は高額になります。

自費での治療費は保険診療と異なり、医療機関ごとにその費用が異なります。
しかし、ただ単に費用が安い、高いという理由だけでどこにするかを決めるのではなく、良く話を聞いて納得できるところでの治療を検討してください。

当院では矯正治療費を開示しています。
無理なく支払いができるように分割払いにも対応しています。

保険でできる矯正治療にはどんなものがありますか?

「顎変形症」と「厚生労働大臣が定める疾患」に対してだけ矯正治療が保険適応になります。

顎変形症とは下顎前突(かがくぜんとつ: 受け口)、上顎前突(じょうがくぜんとつ: 出っ歯)、下顎側方偏位(かがくそくほうへんい: 顎が曲がっている)、開咬(かいこう: 歯が咬み合わない)などの状態が著しく、手術を併用しないと矯正だけでは治療が困難な状態を指します。
顎変形症の矯正(外科矯正)に保険が適応されるためには顎離断等の手術を行うことが必須条件となっています。

従いまして、成長期の子供で将来手術を併用しないと、咬み合わせを矯正することが困難と予想されるような場合にも、手術を前提とした矯正治療を開始する前の段階では保険は適応されません。

平成14年4月1日より唇顎口蓋裂のほか厚生労働大臣が定める先天性疾患に対しても保険が適応されることになりました。
厚生労働大臣が定める疾患は以下の通りです。

* 唇顎口蓋裂
* 第一・第二鰓弓症候群
* 鎖骨頭蓋異骨症
* Crouzon症候群
* Treacher-Collins症候群
* Pierre-Robin症候群
* Downs症候群

石塚矯正歯科クリニックでは、どうしてこんなに安いんですか?

良く聞かれる質問です。

答えは簡単。この値段で良いと考えているから。
後でその他の費用がかかって高くなるということもありません。

矯正治療には通常の場合、保険が使えません。自費の治療になります。
つまり、治療費は格医院が独自に決めた価格であるわけで、それぞれの考えに基づくものです。

長い間この業界にいると歯科の治療費が高いのは当たり前という考えになってくるものですが、大学病院に勤務していた当時から感じていた平均的な矯正治療費が70〜80万円は高いという思いをそのまま実現しました。

安いからといって粗悪な材料を使っているとか、治療が雑だとかいうことは決してありません。

ですから、満足のいく治療ができなくなるほど多くの患者さまを、お受けしておりません。
初診相談をすぐに希望されましても、余裕がない場合にはお待ちいただくこともあります。

相談の際にはなんでもお尋ねください。
どんなことでもお話致します。

あなたが本当に矯正治療を希望していないのなら、 早く治療をしないと将来どうなるか分からないというような脅迫めいたことを言ったり、治療をしつこく勧めたりするようなことはありません。

あなたにとって矯正治療をするメリットが、治療にかかる時間と費用以上のものでないなら、あえて治療を勧める気はありません。
自ら進んで治療したいと考えている方にだけ来ていただきたいので、このスタイルは踏襲(とうしゅう)して行くつもりです。

相談は無料ですので、どうぞ安心してお越しください。

矯正治療でも医療費控除は申請できますか?

医療を受けられた場合、確定申告の際に医療費控除を申請すれば税金が戻ってくることがあります。
これは矯正歯科治療についても同様で、咬み合わせや歯並びを改善するために矯正治療を受けたのであれば、医療費控除の申請をしてもなんら問題はありません。

ただし、唯一美容を目的とするような場合は医療費控除が受けられません。
子供の場合は特に治療の目的を証明する必要はないようですが、成人の場合は矯正治療が医療上必要であったということを証明する診断書の提出を求められることが多いようです。

税務署によって対応が異なりますので、詳しくは管轄の税務署にお尋ねください。
また、医療費控除により還付される税金は所得や医療に費やした金額によって異なります。

>>医療控除

2009年4月 7日

矯正装置の種類

矯正装置の種類01
●マルチブラケット(金属)


矯正装置の種類02
●マルチブラケット(セラミック・プラスティック)


矯正装置の種類03
●舌側矯正装置(金属)


矯正装置の種類04
●保定装置(リテーナー)
矯正装置を外した後、裏側から細いワイヤーを接着剤で貼り付けて、歯が動かないように保ちます。
表側からはまったく見えず、舌に当たってもほとんど会話の妨げにはなりません。
歯の裏側から貼り付けてしまう取り外しのできない固定式と、取り外しができる可撤式とがありますが、当院では基本的にすべての方に固定式の保定装置を使用しております。


矯正装置の種類05
●その他
インプラント矯正について:
寝ている間まで努力せずに済む矯正。
ヘッドギア等では行えない矯正を可能にします。
"インプラント"という言葉から大きな手術を想像しがちですが、実際には簡易な施術です。

ある患者さまから~1~

ある患者さまからのお手紙先日すごくうれしいことがありました。
以前、矯正治療をしていた患者さまから、こんなお手紙をいただいたのです。

「口元が前に飛び出したような感じで、とても気になっていましたが、先生に治療していただいたおかげで横顔がきれいになりました。写真を同封しましたので見てくださいね」

手紙からはコンプレックスを解消した喜びが伝わってくるようです。
これからもハッピーであってほしいと思います。
治療中にはいろいろ苦労したこともあったかもしれませんが、「矯正をしてよかった」と言っていただけると、担当医としてもうれしい限りです。

矯正治療が完了するまでに約2年。
患者さまにとって時間も費用も掛かります。
大きなリスクを払っていますので、責任を持って満足できる治療をおこなわなければと常に思っています。

そのためにも当院では、治療終了後5年、10年と経ってもキレイな歯並びでいられるように、責任を持って長期間の管理を行っています。

ところで患者さまの中には、「早くキレイにしたいので"差し歯"にしてください」という方がいらっしゃいます。
気持ちは分かりますが、一生使う大切な歯を痛めるような治療は、あまりお勧めしたくありません。

矯正治療は見た目だけをキレイにするのではありません。
お口の中全体の咬み合わせのバランスを考えながら歯の位置を整えていくのです。
だからこそ、どんなものでもしっかり咬んで食べられる、一生ものの治療といえます。

治療期間を心配しているのであれば、ぜひ一度、ご相談ください。
矯正専門医として20年以上、1000人以上という多くの治療経験から、どのような悩みや希望に対しても的確にお答えできます。

相談だけなら無料です。あれこれ悩む前に、気軽にカウンセリングにいらっしゃいませんか?

ある患者さまから~2~

ある患者さまから~2~*40代/男性の患者さまからいただいたお手紙です。

「健康は口元から」――。
コンプレックスを感じながらも、歯並びの悪さが特段生活に支障を来すことがなかったため、30代後半まで治療を始めようと真剣に考えたことはありませんでした。
しかし、歯周病など口の病気を起因して掛かる体の病気が意外に多いことを知るようになり、健康の維持には、今からでも自分にできることことをためらうべきではない、と思うようになりました。

とはいえ、社会人であれば、歯に矯正器具を何年も装着して仕事や生活を送る自分を想像します。
まず他人からどう思われのるか、と考えてしまうのは当然でしょう。
少なくとも、38歳で治療するかどうかを考えた際の私もそうでした。

しかし、そんな不安は、装着後、1週間もすれば、考えすぎであることが分かりました。
器具を装着していれば、隠すことはできません。
ただ、自分が意識するほど、他人は意識しておらず、たいていは無関心です。
親しい友人には、私の方から矯正装置を付けていることを話し、それを話題に盛り上がることもありました。
何をするにしても、自分がどうしたいのかという気持ちが一番大切なのは、矯正治療でも同じです。

私の場合、矯正治療期間中、体に変調をきたすようなことはありませんでした。
しかし、これは、幸運だったのかもしれません。
関係本やインターネットの情報などでは、肩こりや頭痛の発生、体調不良などを経験した人の話をいろいろ聞きます。
矯正治療そのものが、自分に合うのか、合わないのか。
開始前に、いろいろリスクがあることも十分考慮した方がいいとも思います。
担当の先生に納得いくまで説明を受けることは必要です。

私は、治療開始から3年半余り、歯の痛みや装置の不具合にとどまらず、細かいことでも気になったことは、石塚先生に尋ねました。
そのたびに、分かりやすい説明やアドバイスを受けることができました。
経験から、疑問などを聞きやすい雰囲気があることは、先生に対する信頼につながる上、安心して治療を受ける上で、非常に大切な要素だと改めて思います。
この点は、こだわってもいいのではないかと思います。

先日、全体に装着していた矯正器具を外すことができました。
食事をするたびに食べかすが引っ掛かることは毎度のこと、器具の金具でロの中を切り、出血することも何度あったことか。
それだけに、鏡の前に映ったきれいに並んだ白い歯、また、たくあんや果物、せんべいなどを前歯で噛んだ後に残るきれいな楕円の歯型を見るたびに、感慨深いものがあります。

それなりに苦労して、手に入れた自分の生まれ変わった歯ですから、粗末に扱うことはできません。
これから自分の健康を考える上で、大きなシンボルになります。

最後に、石塚先生、歯科衛生士の皆様、本当にありがとうございました。

2009年4月 6日

歯医者になって20年以上、延べ1200名以上の症例を経験してきました

院長あいさつこんにちは。石塚矯正歯科クリニックの石塚泰男です。

大学卒業後、矯正歯科専門になってから約20年が経ちます。
当院を開業してから治療した患者さまの数は延べ1200名を超え、たくさんの症例を経験しています。

当院では20年以上の実績を活かし、一人ひとりの患者さまに適した『オーダーメイド治療』を行っています。
ほとんどの症例に対応できますので、患者さまも安心して治療を受けていただけると思いますよ。

年間200~300名の患者数がある大規模なクリニックでは、アシスタントが処置を行うこともあるんですね。
それに比べると当院の患者数は決して多くはありません。
だからこそ一人ひとりの治療に十分に時間をかけることができるんです。

当院では基本的に院長が全ての治療を行い、カウンセリングや相談の時間を取ることを重視していますので、現在の患者数がちょうど良いと思っています。

そのため場合によっては、治療をお引き受けすることができないことがあるかもしれませんがご了承ください(すみません、これも一人ひとりの方に丁寧に治療をしていきたいからこそです)。

治療に来られる患者さまには美しくなる喜びを感じ、実りある人生を過ごして欲しいと思っています。

当院は矯正専門医としての知識と経験に基づき、患者さまの健康やライフスタイルなどにこだわった最善の治療を行うために努力することをお約束します。

歯並びはメイクじゃ隠せないから

歯並びはメイクじゃ隠せないからブランド物のバッグを持って、高価な服を着て、もちろんメイクもバッチリ。
でも、歯並びはガタガタで、汚れっぱなし......。

コレじゃ、せっかくの着こなしも、台無しになっているような気がします。

歯並びからは、見た目の美しさはもちろん、健康への気づかい、清潔感など、うわべで取り繕うことのできないもっと根源的なものを感じ取ってしまいます。

ステキな笑顔と美しく並んだ白い歯は清潔感そのもの。
きっと、周りの人のあなたを見る目はアップするはずですよ。

矯正治療では歯や顎を平均的な顔(平均顔という考え方があります)に近づけるように治すことで、歯並びや咬み合わせを整えるだけではなく、美しい顔つきにすることもできます。

「人と話をするときに周囲の目を気にしてしまう」

「営業先で自信を持ってプレゼンする魅力的なビジネスマンになりたい」

「外見を気にすることなく、好きな異性にアプローチしたい」

こんな悩みをお持ちの方、ぜひ当院までご相談ください。
このように、矯正治療は性格も変えてくれるような、一生ものの治療といえるでしょう。

歯並びは先天的なものです。
患者さま自身には、何の落ち度もないんですね。
だからこそ、患者さまの不自由さや、ツラかった経験を踏まえた治療を行うことも、医師として大切なことだと考えています。

院長紹介

石塚矯正歯科クリニック 院長 石塚泰男

歯学博士・日本矯正歯科学会認定医(平成6年登録)
埼玉県立熊谷高校卒業

平成元年 広島大学歯学部卒業、広島大学歯科矯正学講座入局、歯科医師免許取得
平成4年 広島大学歯学部附属病院医員
平成7年 広島大学歯学部助手
平成8年 学位取得、博士(歯学)
平成9年 広島大学歯学部助手 退職
平成10年 京浜東北線・JR北浦和駅前にて開業

<所属学会>
日本矯正歯科学会/中四国矯正歯科学会/日本口蓋裂学会

<学位論文>
顎顔面骨格の形態形成に及ぼす咀嚼筋活動の影響:
ラットの終日筋電図による検討
広島大学歯学雑誌 第28巻,第2号,289-311,1996(平成8年)
"柔らかい食べ物ばかり食べているとあごの発育が悪くなるか"というようなことを専門に研究していました。

歯並びが悪くなったのはやわらかい食べ物ばかり食べていたから?
それなら硬いものを食べるようにしたら歯並びは良くなるの?
本当のことが聞いてみたい方はお尋ねください。


2009年3月29日 - 2009年4月 4日 « トップへ » 2009年4月12日 - 2009年4月18日


コールバック予約