トップへ » 当院の歯科矯正 » "後戻り"を防ぐために

"後戻り"を防ぐために

後戻りを防ぐためにどんなに時間をかけて矯正治療をし、キレイな歯並びと正しい咬み合わせにしたとしても、歯を動かすための装置(矯正器具)を外した後、何もしなければ、歯は元の位置に戻ってしまいます。
これを後戻りといい、矯正治療では必ず生じる問題です。

そこで矯正治療が終わり、器具を外した後は、保定装置(リテーナ)という装置を使い、キレイに並んだ歯を固定させます。

保定装置には次の2タイプがあります。
・固定式:  歯の裏側から貼り付ける取り外しのできないタイプ
・可撤式:  取り外しができて患者さまが自分で毎日着けはずしをするタイプ

可撤式の場合、きちんと使用していれば歯並びの維持に問題は生じません。
しかし着け忘れる方が多いため、当院では基本的に固定式の保定装置を使用しています。

保定期間は最低でも歯の移動を行った期間と同じ(2年)以上が必要です。

次のような場合、通常より長めにリテーナを使用します。
・まだ親知らずが生えずに残っている、顎の成長途中のような場合
・口で息をしている、舌が大きいなど、歯並びの安定に悪影響を与えるクセがある場合

後戻りと治療後の変化は似ているようでいて、異なります。治療後、短期間での変化は後戻りといえますが、長期間経過後の変化は新たな不正の発生と考えたほうがよいと思います。
そのいずれの予防にも保定は関わってきます。


トップへ » 当院の歯科矯正 » "後戻り"を防ぐために


コールバック予約